葬儀には参加しよう

葬儀にはなるべく参加しよう

葬儀に参列・列席したい

ある日突然にお知らせが来るのが葬儀の案内です。以前お世話になった方、親せき、同窓生などの友人・知人と接点が薄くなってきている方々のお身内からや友人を経由して訃報連絡が入ります。突然の出来事に日程調整は大変ですが、出来る限り、葬儀に参列したいものです、故人との最後の対面の場ですので列席して、今までの感謝の気持ちと安らかにお眠りくださいと送り出す気持ちを込め声をかけたいものです。また、ご供養の席がされていれば、遠慮せずに席に着き故人との思い出話などで花を咲かせ、さも故人がそこにいるかのごとく話をすれば、それこそ最高の供養になると考えます。

参列する際に注意するべきこと

日本は高齢者の割合がかなり高くなっているので、これから葬儀に出なければいけない機会が多くなると考えられます。人が亡くなってしまうのは悲しいですが、人間には寿命があるので仕方ありません。そこで、参列する際に注意するべきことがあります。それは服装とマナーになります。服装やマナーについて正しい知識を持っていない方がいるので、一度書籍やネットで学ぶべきです。自分だけが恥をかくならいいのですが、家族や友人にも迷惑をかけることになるので、何の知識もない状態で葬儀に参列しないでください。もっと周りの目を気にする必要があります。

↑PAGE TOP