葬儀に参列する間柄

葬儀に参列する間柄のこと

葬儀に参列するのはどの間柄か

知っている人や身近な人が無くなった場合、葬儀に参列した方が良いのか悩むことがあります。遺族から直接お願いされたり、亡くなったことを知らされた時はお悔やみを伝えに行きますが、新聞などで知った場合はどのようにしたらよいのか考えます。葬儀に参列しても良い間柄は、知人、友人はもちろんのこと、近所、会社、上司、部下でも大丈夫です。生前、少しでもお世話になり、お悔やみを伝えたい気持ちがあれば、間柄にこだわる必要はありません。受付にて香典をお渡しし、お焼香を済ませ、遺族に軽く会釈をしてから帰ると良いでしょう。

葬儀、参列の心得について

参列、尋問の心得について、ご葬儀追悼の流れとして、まずはじめに、危篤ご臨終、危篤の知らせをうけるのは、特に関係の深い人に限られます。このとき、慌てずに、入院先の病院、住所を確認しましょう。訃報、弔問身内や隣人といった近しい関係ならば、手伝いを申し出ましょう。すでに人手がたりているならば、通夜の時刻にあわせて、出直しましょう。供物、供花をおくりましょう。祭壇に供える品物や花を供物、供花といいます。香典の用意、連絡を受けてすぐの弔問時には事前に用意していたとおもわれるため、持参しないようにしましょう。お通夜、ご遺族への気配りを忘れないようにしましょう。葬儀、告別式告別式は会葬者が故人に別れを告げる儀式です。火葬、精進落としなどです。

↑PAGE TOP