葬儀への参列は礼儀

葬儀への参列は礼儀な理由

葬儀に参列の為の出席をすること

葬儀となれば、知り合いであれば参列をするのが礼儀というものです。何かしらの理由がある場合、どうしても出席できない場合は、弔電かまたは日を改めて個人宅へ伺うというのも良いでしょう。ただ、できるのであれば、世話になった人は参列をするのが好ましいでしょう。一般的には葬儀はお通夜か告別式のどちらかに出席をすればいいのですが、かなりお世話になったのであれば、どちらへも行くと良いでしょう。この時、香典はどうするのかというと、お通夜の際に出したのであれば、告別式には出さずとも良いです。どちらかで渡せばいい事なので、知っておきましょう。

葬儀の参列のマナーについて

葬儀に参列する時にはマナーを守って遺族に失礼のないようにすることが必要です。服装としては喪服、黒い服になりますが、光沢のないもので肌の露出を控えます。女性は黒いストッキングを着用し、アクセサリーは真珠のネックレスと結婚指輪のみにします。お化粧も薄めで髪はまとめることが良いです。葬儀は悲しむ遺族の気持ちに寄り添い、生前の故人への感謝とお礼、お別れをする場であるので、立ち振る舞いも控えめにします。焼香前と後では遺族や僧侶への一例を忘れずに行います。携帯電話もマナーモードにしておくか電源を切るなどの配慮が必要です。

↑PAGE TOP